2015年2月13日金曜日

瀧不動生蕎麦 (山形県山形市山寺)

学生時代の友人と随分と久ぶりに再会し、美味しい蕎麦を食べにいくべと山形の山寺へ向かいましたよ。

仙台からJR仙山線で行くと作並を越えてトンネルくぐった先に山寺駅(山形)があり、そこでございます。


昔々某先輩から山寺に美味しい蕎麦屋があるってことは聞いてたんだよね。
でも、山寺の端の方って聞いてた記憶以外は場所とかよく覚えていない....。

でも行ったらすぐに判りましたよ。あの有名な山寺立石寺の入口前の道路を西側に(向かって左)へずずずい~って行くと、観光客相手のお土産屋さんとかが少なくなってきて民家が多くなって
きたあたりにあります。(あまりに大雑把)


お邪魔したのは2014年11月5日(水)平日です。

土日は観光客が多いのでしょうけど、平日はとても静かです。


お店の前に来ました。観光地なのに観光地を全く意識してないとも思える店構えが素敵です。

道路を見て判ると思いますが、もう周りは民家で観光地っぽくありません。
入口に新そばの張り紙が貼ってありました。
なんか粋なのれんでございます。
店内は椅子席と御座敷がありまして立派な庭を眺められる落ち着いた雰囲気です。
最初に見たお品書きは新蕎麦です。値段もいいけど味もいいんでしょうねえ。
でも初めて来たお店でもあるしベーシックな蕎麦がどんなもんか食べてみたい気もします。
いろいろ考えたけど田舎【ざいごそば】の「板そば」をお願いしました。「出羽かおり」という品種の蕎麦ですね。
たしか大蔵村で栽培してるとどこかに記してありました。そば太いのかな?
ちょっと気になります。あまり太過ぎるそば苦手なので.....
うお~きましたよ~!最初の驚きはね。艶々なんです。これだけ艶々なのは
初めて見たきがする。見た目水っぽい訳でもないし、なんだろうな?
上から見る。次の驚きは綺麗。ひゃ~!そばの艶と盛り付け方。パーフェクトでございます。
つけ合わせは山形の「おみ漬け」 そばに合います。
つゆは山形特有の鰹がきいた少ししょっぱ系。
くどくないベーシックさ。基本を大切にしてる事が伺えます。
更科系好きな私でもこの太めの蕎麦はとても美味しい。
なぜだ?不思議だ?
それはやはり蕎麦のバランスだと思う。香り、歯ごたえ、のど越し、とにかく
するする食べれてしまう。美味くてがむしゃらに食らう(笑)
お決まりのアップ画像。そば好きはよだれが出ますなあ~(笑)ほんと艶々。
切りたてを茹でるとこういう艶が出るのかなあ?
あっという間に板そばをたいらげ、そば湯を飲む。そば湯を撮るの忘れてるし。
田舎そばも進化してるなと思った次第。更科そば好きでも、ここの田舎そば(引きぐるみ蕎麦)
は絶対にいけると思います。
美味しいひとときでした。
正直言いますと、観光地という事でちょっとなめてた感がありました。
しかしびっくり、素晴らしい蕎麦です。

今回の教訓

「地域のイメージで食べ物を判断してはいけましぇん」


美味しい蕎麦ばんざい!


訪問日:2014年11月5日

瀧不動生蕎麦

場所:山形県山形市山寺4359

割りばし入れの裏が地図になっていました。今更気が付く阿呆....


2014年12月15日月曜日

山形の天童・面白山・山寺プチツーリングと美味しい蕎麦  「悠遊舎たむぎの」 (山形県内陸地方)

2014年9月12日ふらっと思いつき地元山形をバイクで走行してきました。

山形に住んでいるのにまだまだ知らない山形が沢山あります。今回もいろんな出会いがありました。

快晴で最高の天気です。まずは天童高原を目指します。

国道48号線から「天童高原」の看板を見つけ細道に入っていきます。

田舎の雰囲気がいいんですよ。この稲刈り後の天日干し風景。昔懐かしい風景が蘇ってきます。





あっ、「手打ちそば」がパタパタと揺れている。こんなとこに蕎麦屋があるのかいな!




看板がありました「悠遊舎」という手打ちそば屋さんです。
もう行くしかないよね(笑)


一見、普通の民家ですが、看板があったのでここだと悟りました。




バイクを止め、早速入ってみましょう。
宮城ナンバーの車があるので、結構遠くからお客さんが来てるようです。




こんちは~! は~いどうぞ~お好きな場所へ~  はい~!






ご夫婦できりもりされてるようです。お客さんは二組でのんびりした雰囲気です。




縁側に小春日和の日差しが入りいい雰囲気を醸し出しています。


なんか田舎のじいちゃんばあちゃんの家に来たような昔懐かしい雰囲気に包まれます。


昔、旧正月にこんな飾りが家にもあったなあ。懐かしい。


縁側がいろんな小物の展示ブースになっています。


おしながきはいたってシンプルです。もりそば 800円をお願いしました。



しかしこの古民家の雰囲気いいですねえ。本当にほっとします。


厚い一枚板のちゃぶ台はずっしりして貫禄があります。


蕎麦が茹であがる前に前菜がきました。えご豆腐?、にしんの昆布巻、きゅうりと大根の漬物です。


えご豆腐?と言うのか判りませんが、なんか法事とかで食べた事ありますね。
もちもちっとした食感のやつ(笑)


にしんの昆布巻。そういえばこれ蕎麦に合いますねえ。


この黄色いのがはたして大根だったか記憶が定かではありません。
しかしなんというかこの付け合わせの色の色彩の出し方が上手いですね。


はい蕎麦がきましたよ。全体的なビジュアルです。いいですねえ~!
頂きま~す!



なんというか、素朴な味わいのあるお蕎麦です。



表現し難いのですが、柔らかさと硬さが融合している味わいのあるお蕎麦と言えば解ります?
無理?(笑)

ほうら美味しそうでしょう。美味しいんですよ~(笑)


そば湯で締めます。たいへん美味しゅうございました。


ごちそう様でした。悠遊舎を後にします。まさに一期一会です。


山里を走り天童高原へ向かいます。



しばらくバイクを走らせ天童高原へきました。とても気持ちのいい場所です。
芝生に浮かぶ634の文字。これなんでしょうね?



結構な急斜面です。冬はスキー場なんですね。



天童高原の頂上付近にきました。
松の木の枝にブランコがぶら下がっているのが解りますか?
その前にベンチがあり癒しの風景です。


天童高原の頂上付近から面白山、山寺方面に抜ける道がある筈(地図で調べた)ですが標識がありません。
頂上付近にキャンプやっている人が居たので聞いてみたら教えて頂きました。そこの十字路左折すると行けますよ~。 ありがとさ~ん!


普通の山道ですが砂利道は一部だけで殆どは舗装道路です。綺麗な杉林があり最高の森林浴です。なんだか解りませんが、こんな山の中でジョギングしてる人がちらほらいてびっくらこきました。


仙山線の面白山高原駅にきましたよ。緑の屋根が駅で先が仙台方面です。この反対側の数キロ先が2014年冬に仙山線の山形から仙台へ向かう電車が架線に枝が引っかかって立ち往生して8時間ぐらい動けなくなった場所です。(山寺 - 面白山 間)


タイミング良く仙台方面から電車が来ました。




面白山高原駅の料金表。地方色あって興味を湧く方いるかな?


面白山を後にして、山寺方面へ向かいました。
山寺駅を目指していたのですが、途中なんか気になるお寺さんがあってバイクを止め、引き込まれるように吸い込まれるように向かいました。

何も知らないで行ったのですが。千手院の「千手観音」といって有名らしいです。

後で調べたらあの有名な「斎藤一人」さんとなにかゆかりがあるらしい事が判りました。ご興味のある方はネットで調べると何か出てくるかも?

実はこの階段の途中を仙山線の電車が横切り通るという凄い場所なんです。


凄い場所ですよね。まあ仙山線という路線の線路が埋設させる前からこのお寺はあったという証みたいなものですね。




参拝者は私一人。寺の坊守さんと挨拶を交わし和やかな時間が経過する。

さてと山寺駅へ向かうとすぐに到着です。

山寺駅前の風景。おや?目の前に何か立派な歴史と貫禄のある建屋があります。なんでしょう?



「山寺ホテル」と看板がありますが、現在は営業はしておりません。
しかし、中は展示ブースになっており明治時代のすばらしい建屋を見る事が出来ます。

ここの番頭さん(受付)の方は元気で面白いですよ。写真は載せられないなあ(笑)


さっそく中を見学させて頂きました。
いきなり明治時代にタイムスリップした感じです。


スタジオセットじゃありません。長年使われた本物です。
火鉢は確か幼少の頃はまだあったなあと懐かしむのです。



この懐かしいと思わせる空気感というか雰囲気はいいですね~
今度来る時は時間をかけてゆっくりと見させて頂きます。



という訳で半日のプチツーリングは終了です。
とてもいい心の洗濯になりました。

忙しい日々の中で、たまに一人の時間が欲しくなりバイクでふらっと出かけます。

その時々の出会いや風景が心を癒し明日の活力になります。


皆さんも是非どうぞ。


※ 写真40枚の長編になってしまいました。長すぎてごめんちゃい。